実績例

経済産業省製造産業局ものづくり政策審議室

デザイン製作

第2回「ものづくり日本大賞」副賞の、メダル用盾のデザイン製作を行いました。(※メダルは第1回より製作されたもので、弊社デザインではありません)
デザインコンセプトは、最先端技術と伝統技術の融合による感性価値の創造とし、構造色塗料+含漆UV塗装+沈金漆の技術を使用しました。
2005年にスタートした総理大臣表彰「ものづくり日本大賞」。日本の文化や産業を支えてきた“ものづくり”を継承・発展させていくため、最前線で活躍する人々を顕彰する賞で、2年に1回実施されます。この表彰では選考有識者会議メンバーとして、所長赤池学が審査を担当しています。

経済産業省製造産業局ものづくり政策審議室

写真右/内閣総理大臣賞メダル盾
写真左/経済産業大臣賞メダル盾
※見る角度により、盾の色が変化します。

page up

財団法人日本科学技術振興財団・科学技術館

企画・製作・監修

2007年科学技術館(東京・北の丸)夏休み特別展として、
「昆虫力〜昆虫から学ぶ科学技術の最先端」を(株)創造文化と共に企画いたしました(所長赤池学監修)。
2006年に小学館より発行した書籍「昆虫力(赤池学著)」をもとに、昆虫たちが持つ優れた能力が、いかに私たちの社会や暮らしと結びつき活用されているかを、超高解像度人間大昆虫写真(橋本典久+scope)や解説パネルと実物展示にて紹介しました。また美しい昆虫発生写真の「こんにちは、虫の赤ちゃん大集合」や、3Dメガネで見る昆虫立体+断層映像(小檜山賢二氏)「大解剖!デジタル昆虫図鑑」、トークショウや工作教室・ワークショップも開催いたしました。

財団法人日本科学技術振興財団・科学技術館
財団法人日本科学技術振興財団・科学技術館社 財団法人日本科学技術振興財団・科学技術館
page up

株式会社電通・日本精工株式会社

企画・プロデュース

日本精工(株)[以下、NSK]の創立90周年イベントとして、
家電製品や産業機械製品の中に組みこまれている「目に見えない存在のベアリング」を、光や音などを加えたアート作品に創りこみ「隠れたベアリングを探し出し、発見する」楽しみを体感していただく『Smooth Sailing for BEARING -NSKベアリングアート展-』を開催。
(株)ワコールアートセンターが推進する「ランデヴープロジェクト」の一貫として、初めて生産材メーカーで実現。高精度のベアリング技術を、映像やファッション、音楽など様々なジャンルで活躍するアーティスト16組のインスピレーションとNSKのエンジニアで融合させた、テクノロジーの新たな可能性を
本アート展で表現いたしました。

株式会社電通・日本精工株式会社
株式会社電通・日本精工株式会社 株式会社電通・日本精工株式会社
page up

株式会社電通・トヨタ自動車株式会社

媒体企画、PR、メディア・プロデュース

2005年日本国際博覧会「愛・地球博」トヨタグループパビリオン公式ガイドブック編集長を務め、トヨタグループパビリオンの内外VIP向け公式ガイドブックの企画・編集を担当。パビリオンコンセプトの解説から技術紹介、未来モビリティのシナリオまで幅広い内容を網羅し、日・英・韓・中の4ヶ国語版として配布した。

トヨタグループパビリオン公式ガイドブック
page up

富士総合研究所

媒体企画、取材・編集、メディア・プロデュース

季刊誌「MEME(ミーム)」企画編集アドバイザーを務める。
シンクタンクのクライアント向け媒体として、先端技術とその社会化に焦点を当てた季刊誌の立ち上げから参画。
国の動き、各研究機関や自治体、大学へ細部に渡る企画・取材を敢行し、シンクタンクのイメージアップとビジネス拡充に寄与した。

季刊誌「MEME(ミーム)」 季刊誌「MEME(ミーム)」
page up

2005年日本国際博覧会協会、他

コンセプト企画・コンテンツ計画など

「自然の叡智」がテーマの愛・地球博では、5つのパビリオンのコンセプト企画・コンテンツ計画などを行いました。
森や木に親しむことで、生命の不思議さ自然の楽しさを体感する『グローイングヴィレッジ(博覧会協会)』。
1000年先まで持続可能な社会を目指す『中部千年共生村(中部広域出展実行委員会)』。
中小企業の技術を結集した協働型パビリオン『モノづくりランド シンフォニア(名古屋商工会議所)』。
日本の最先端テクノロジーを体験する『NEDOパビリオン(NEDO技術開発機構)』。
21世紀の「モビリティの夢、楽しさ、感動」がテーマの『トヨタグループ館』。

トヨタグループ館
グローイングヴィレッジ(博覧会協会) 中部千年共生村(中部広域出展実行委員会)
page up

三菱地所株式会社

コンセプトづくり、コンテンツづくり、プロデュース

次世代型サスティナブルコミュニティーの実証スペースとして、「人と街と環境をつなぐコミュニティー空間」をテーマとしたカフェ&サロン『大手町カフェ』の施設開発を行いました。
生きている植物をふんだんに植栽したメインガーデンのあるカフェ空間は、丸の内の建築副産物を再利用した建材やリサイクル素材などの椅子テーブルで構成し、自然素材の漆喰壁とたたきの間や、都市型バイオマス活用の未来形をメインシンボルとして亜臨界水処理プラントモデルを設置。環境に関する最新の研究・技術の展示やセミナー・サロンにも活用されています。

カフェ&サロン『大手町カフェ』
カフェ&サロン『大手町カフェ』
page up

株式会社日本バリュー総合研究所

プロダクトデザイン

炎のように揺らぐ電気光源を持つメーカーの第一次知的財産、特許をベースにして、自然素材の持つ癒しと安全性を開発コンセプトに、商品名「Flame Works / フレイムワークス」を開発しました。デザインのディテールを基本的に決めてしまう基盤設計に工夫を行い、意匠デザインを含めたインテリア照明のプロダクトデザインです。
(2003グッドデザイン賞受賞/弊社サイド受賞者、野木麻衣子)

2003グッドデザイン賞受賞/弊社サイド受賞者、野木麻衣子
page up

愛知県豊田市

企画策定、実施

自動車産業を中心としたモノづくり企業・技術基盤を持つ同市における、新産業創出プロジェクトを、「ものづくり研究会」という地域主導型組織の形成によって、地域に根付く資源、環境、人材、技術を活かした次世代の地域活性化戦略策定がテーマです。域内の企業グループとともに社会性の高い製品開発や技術資源、人的資源を活かした連携などをコーディネートしました。
本事業の性格から、数ヵ年スパンのプロジェクトとして、現在も進行しています。

ものづくり研究会
page up

株式会社積水化学工業

広報プランニング・デザイン、プロデユースサポート

「自然に学ぶものづくり」そして「生物模倣工学」における研究者育成をテーマに、難しいテーマを分かりやすく伝えることと、クライアントの事業にも将来シナジーやリレーションが可能な事業資源を、事業の中でどのように創造できるかを、研究者を中心とした人的ネットワーク活用の助言、広報プランニング、事業運営の助言等のサポートを行いました。(2004グッドデザイン賞受賞/弊社サイド受賞者、石井亜由美)

自然に学ぶものづくりフォーラム
page up

コドモエナジー株式会社

商品開発支援

光触媒と銀を用いることで、抗菌・防カビ・防汚・脱臭・空気浄化効果を高めた無機塗料の開発です。
知的財産の精査とともに、競合商品の調査、マーケット分析、製造物責任に対する対応、シックハウス対応等の根拠提示となる成分、MSDSシート等の研究機関に対する確認業務を提供しました。
安全性と環境対応、さらに第一次ユーザーとエンドユーザーに対する機能性や施工段階での付加価値を持たせ、マーケットに対する競争力を持たせた商品開発のサポートを行いました。

Bio-cort
page up

NEDO新エネルギー・産業技術総合開発機構

技術領域調査・研究

NEDO/経済産業省では、環境・エネルギー、IT、交通、バイオ、医療など、これからの社会基盤や人々の暮らしを支える多分野における技術開発の未来を俯瞰した「技術戦略マップ」を作成し、公表しています。しかし、業界団体や研究者以外には、その存在はあまり知られていません。
技術開発の課題や今後のモノづくりについて、一般の人々の理解を深めてもらうために、「技術戦略マップの啓発・普及に関する調査」を実施中です(2006年9月終了見込み)。

技術戦略マップ
技術戦略マップ
page up

三重県・地産地消情報基盤整備事業

プランニング、DB型WEB構築、プロデユース

農林水産業の地域活性化、国内自給率の向上寄与、地元産品の地域消費者への情報発信の仕組みづくりがテーマの事業です。DB型WEB構築と自律更新型CGI管理で、事業体自身が、情報の受発信を容易に、ランニングコストを抑え、タイミングを逃さずにコントロールできる点に開発の主眼にしました。現在、三重県内400の生産者、流通事業者が登録を行い、県民、消費者から、商品モニタリング、メッセージ参加システム、ポイント蓄積によるサービス交換などに活用されています

三重県・地産地消情報基盤整備事業のウェブサイトへ

三重県・地産地消情報基盤整備事業
page up

協賛企業による住宅デザインコンペ事業

プランニング、事業進行、運営のすべて

日本の森林資源をより活かした家づくりを啓発することを目的に、木造住宅のデザインコンペを開催しました。広報、審査員依頼、審査基準、審査方法、発表、受賞作品集など、協賛企業の募集もすべて行った事業です。コンペ名は『日本の森を活かした家づくり〜フォレストモア・デザインコンペ』です。
2ヵ年にわたり、応募総数780件。受賞作品数88件と、本デザインコンペの主旨を多くの皆さまに知っていただけました。審査委員長は、故人、俳優の渡辺文雄さんでした。

日本の森を活かした家づくり〜フォレストモア・デザインコンペ
日本の森を活かした家づくり〜フォレストモア・デザインコンペ
UDI RESULTS
最近の実績
メディアピックアップ
講演・セミナー
BACK
page up